コラム

家族信託解決パターン
認知症に備えて民事信託を活用する

ポイント

認知症に備える方法には、成年後見制度や財産管理委任制度などがあります。

一方、民事信託契約を結ぶことで、本人が認知症になった後でも契約で定めたように

相続対策や資産運用を継続できることが一番のメリットです。

 

関連記事

  • 家族信託解決パターン
    相続対策を継続するために民事信託を活用する

    ポイント

    認知症になってしまうと相続税対策がストップします。

    ※成年後見制度を利用すると、相続税対策は継続できません。

     

  • 家族信託解決パターン
    株式譲渡対策に備えて民事信託を活用する

    ポイント

    株を生前贈与する場合には贈与税等の負担が大きいため、

    これまでは、少しずつの株式移転をすることしかできませんでした。