遺言では解決出来ない事も家族信託なら解決出来るの?

生前の相続対策で注目を集めているのが家族信託です。

 

相続対策として「遺言」を活用する方が多いと思います。

遺言は法律で定められた行為になりますので遺言書を残す事で「誰に」「どの財産を相続する」のかについて定める事が出来ます。

 

しかしながら、遺言では解決出来ない事があります。

例えば、以下のようなケースです。

「使い込む恐れがあるから年金のような毎月定額を渡したい」

「遺産の貰い手がある一定の年齢(成人)になったら遺産を渡して欲しい」

「家の改築や入院費、施設入所等の特定の目的の為に遺産を使って欲しい」

というような意思を反映させる事は残念ながら出来ません。

 

そんな遺言では出来ない事を、「家族信託」なら解決することができます。

 

家族信託とは、ご自身の財産を、信頼できる人に託す制度です。

託すという言葉がイメージしにくいので、ご自身の財産を、家族に預けると考えてください。

この家族信託を利用する事で様々な事を指定する事が出来るようになります。

 

財産を「誰に渡すのか」「何の目的の為に利用するのか」「どのようにして財産を渡すのか」という指定をする事が可能となります。

 

その他にも、家族信託は「成年後見」では対応出来ない事にも対応出来るメリットがあります。

 

成年後見とは、判断能力が低下した後、財産の管理や日常のサポートを後見人が行う国で定められた制度になります。

成年後見制度では、積極的な資産運用や相続税対策として生前贈与を継続したい場合は裁判所の許可を必要としますので、実務上、「積極的な資産運用」「相続税対策」といった行為を行う事が出来ないのですが、「家族信託」では「積極的な資産運用」「相続税対策」といった行為が行うことが出来るのが、成年後見制度の違いです。

 

後見制度や遺言制度に代用として活用し、時には、遺言書と信託を合わせて利用する事によって被相続人の希望に合った財産管理や承継等が可能になります。

お客様の状況に応じて活用する事をおすすめします。

近年注目を集めている家族信託を生前の相続対策を行う上では今後必要不可欠になっていくと思いますので相続対策をお考えの方は是非、家族信託をおすすめします。

 

家族信託に関してご不明点がございましたら信託の専門家に相談する事をおすすめ致します。

 

家族信託コラムの最新記事

新着情報の最新記事

家族信託をご検討の方は、お気軽にご相談下さい。

Webからの無料相談はこちら
0120-946-264

こんなお悩み・ご希望はありますか?

  • 成年後見制度を利用したあとも、相続税対策をしたい方
  • 二次相続以降に資産承継に不安や特定の希望がある方
  • 障害をもつ親族や子どもがおり、自身で財産管理ができないため、自分の亡くなった後が心配な方
  • 不動産や株式を保有しており、相続が発生した場合、共有名義になる可能性がある方
  • 前妻や前夫の連れ子がいる、意思能力がない人がいる等、スムーズに遺産分割協議を行えない不安がある方
  • 株式が経営者以外にも分散しているため集約をしたい方
  • 株主が経営者1名のため、認知症になると経営がストップする不安のある方
  • 経営権を引き継ぎたいが、
    贈与や譲渡すると税金
    が心配な方