資産管理・相続対策・事業承継におすすめ!家族信託の活用事例集プレゼント
30秒で完了!今すぐダウンロード!
お申し込みされた方全員に家族信託が必要かどうかをもれなく無料診断!
無料相談はこちらから
家族信託の教科書2 相続は準備が9割2 

家族信託の当社実績

  • 家族信託
    実行実績
    25
    相談件数
    60
  • セミナー・勉強会講師回数
    130件
    セミナー講師
    税理士事務所様
    金融機関様
    不動産会社様
  • 当社の解決実績
  • セミナー実績

民事信託最新ニュース

代表のご挨拶

島田 雄左(シマダ ユウスケ)

オフィスワングループ 代表

「相続について考える」とは、どのような事を考え、どのような対策を取ればいいのでしょうか。「相続税対策」という言葉はとてもポピュラーですが、もちろん相続税のことだけを考えればいいという訳ではありません。核家族化にともなう価値観の変化や情報化社会による権利意識の高まりによって、相続発生後の遺産分け(遺産分割協議)における紛争は、年々増加する傾向にあります。したがって、この点についても何か対策を講じたいところです。今後、実に5人に1人が65歳以上の高齢者となる超高齢化社会への道を進んでいる日本においては、認知症患者も増えると予測されますので、認知症になった時に自身の財産をどう管理し、後世に引き継いでいくのかも重要な課題です。つまり、「相続について考える」という事は、生前におけるご自身の「財産管理」について考える事に他ならないと、私は考えます。そして、近い将来「財産管理」について考えることが当たり前の時代がやってくるものと確信しています。そのために「民事信託・家族信託」という選択肢をひとつ持っておくことを私は推奨します。

  • 三ヶ㞍 勇輝

  • 鳥越 清吾

スタッフ紹介へ

司法書士法人オフィスワングループが選ばれる理由

  • 博多・大野城・新橋の3支店

    福岡・東京に2支店
    司法書士・行政書士・土地家屋
    調査士のワンストップサービス

  • 家族信託の実績エリア随一

    家族信託のパイオニアとして、
    家族信託の普及を推進。
    全国からのご相談を承る

  • セミナー勉強会 講師多数

    福岡県を中心に、セミナー勉強会講演数年間100件。専門家への研修講師も多数。メディア掲載執筆多数

当社が選ばれる理由

家族信託~目次~

当ホームページでは家族信託(民事信託)を専門とする司法書士による情報提供を行っております。
下記をクリックしていただきますと、当該ページへ移動します。

民事信託の基礎知識

・家族信託と民事信託、商事信託の違い
・どんな財産を信託することができるのか?
・信託の登記目的及び登記原因
・家族信託を活用した場合の不動産登記
・家族信託をはじめるには?
・信託の方法は実は3種類ある?
・自己信託とは?
・家族信託を活用すると二代先(孫)以降の相続を決められる?
・委託者、受託者、受益者が死んだら?
・受益権も贈与、売買はできる
・信託が終了するときのコストと流れ
・信託の変更をするときは
・信託は遺留分が発生しない
・信託監督人と受益者代理人ってなに?
・後見制度支援信託

その他の制度との比較

・従来の財産管理や各種制度
・認知症対策は成年後見制度で十分?
・財産管理は委任契約でいいのでは?
・信託の登記目的及び登記原因
・家族信託を活用した場合の不動産登記

 

リンク集

・リンク集

家族信託を設計してみよう

・家族信託を設計してみよう
・家族信託を活用した場合の税金
・料金表
・ご相談から解決まで

 

家族信託の事例集プレゼント

・家族信託活用事例集

 

様々な業種での家族信託活用方法

・金融機関は何故、家族信託に取り組むべきか?
・信託と銀行口座、銀行の融資はできるのか?
・遺言信託と遺言代用信託って何が違う?
・不動産会社の方が取り組むべき家族信託の事例
・遺産分割で共有名義の不動産対策に家族信託を利用する
・税理士の方が取り組むべき家族信託の事例

 

家族信託解決パターン

1.認知症に備えて民事信託を活用する
2.二世代先の相続のために民事信託を活用する
3.不動産流通税対策として民事信託を活用する
4.相続対策継続のために民事信託を活用する
5.株式譲渡対策に備えて民事信託を活用する

 

家族信託コラム

・家族信託はなぜ普及しなかったのか?
・マイケル・ジャクソンも実は信託を活用していた
・6000万円贈与しても非課税?

家族信託をご検討の方は、お気軽にご相談下さい。

Webからの無料相談はこちら
092-432-9911

こんなお悩み・ご希望はありますか?

  • 成年後見制度を利用したあとも、相続税対策をしたい方
  • 二次相続以降に資産承継に不安や特定の希望がある方
  • 障害をもつ親族や子どもがおり、自身で財産管理ができないため、自分の亡くなった後が心配な方
  • 不動産や株式を保有しており、相続が発生した場合、共有名義になる可能性がある方
  • 前妻や前夫の連れ子がいる、意思能力がない人がいる等、スムーズに遺産分割協議を行えない不安がある方
  • 株式が経営者以外にも分散しているため集約をしたい方
  • 株主が経営者1名のため、認知症になると経営がストップする不安のある方
  • 経営権を引き継ぎたいが、
    贈与や譲渡すると税金
    が心配な方