財産管理会社を立ち上げる

これまでにご紹介した財産管理方法は、個人で行うものでしたが、財産を管理するための会社を立ち上げて、預貯金や不動産などの財産を法人で管理する方法もあります。いわゆるプライベートカンパニーと呼ばれるものです。これは、主に節税のために活用されるケースが多く、ポイントは「個人の所得税と法人の法人税を比較する」という点です。

例えば、不動産オーナーの方々は家賃や地代という不動産所得を得ています。
この不動産所得に対しては、個人として所得税が課税されますが、所有している不動産を法人へ移した場合、家賃は個人の収入ではなく、法人の売り上げとして計上されます。この時、オーナー自身は、法人から役員報酬という形で収入を得ることで、収入の分散、分別管理ができるのです。
更に、法人としては、経費や損金で処理できる部分も広がりますから、個人の所得税として納税する場合と、法人税として納税する場合の税額を比較して、有利になる方を選択します。

この手法を用いるか否かは、それぞれの財政状況によって変わってきますので、ぜひ信頼できる税理士へご相談されてください。

 

家族信託をご検討の方は、お気軽にご相談下さい。

Webからの無料相談はこちら
0120-946-264

こんなお悩み・ご希望はありますか?

  • 成年後見制度を利用したあとも、相続税対策をしたい方
  • 二次相続以降に資産承継に不安や特定の希望がある方
  • 障害をもつ親族や子どもがおり、自身で財産管理ができないため、自分の亡くなった後が心配な方
  • 不動産や株式を保有しており、相続が発生した場合、共有名義になる可能性がある方
  • 前妻や前夫の連れ子がいる、意思能力がない人がいる等、スムーズに遺産分割協議を行えない不安がある方
  • 株式が経営者以外にも分散しているため集約をしたい方
  • 株主が経営者1名のため、認知症になると経営がストップする不安のある方
  • 経営権を引き継ぎたいが、
    贈与や譲渡すると税金
    が心配な方