よくあるご質問・ご相談

受託者を法人にする際のデメリットについて

Q:受託者を法人にする際のデメリットがありますか? A:費用面としては、法人税が課税されます。 これは一般社団法人でも同様です。通常、受託者の報酬は無報酬が多いので、受託者である法人は売上0円になります。 しかしながら、売り上げ0円の場合、法人税はもちろん発生しないのですが法人市民税の均等割が発生しますので、地域によりますが最低7万円程度のコストは年間で発生します。 あとは税理士の申告
続きを読む >>

法人を受託者にして管理することについて

Q:法人を受託者にして管理することが出来ますか? A:受託者を法人にすることは可能です。 ケースとしては、共有不動産を回避するために信託を活用する場合や受益者連続信託などの場合に活用します。
続きを読む >>

契約書の公正証書化について

Q同契約の公正証書化を代理人にお願いする際の委任状に、「強制執行に服する旨の条項を付すること」とありますが、どういう意味なのでしょうか? A:今回は不要かと思います。 通常は、お金の貸し借りなどをする際に契約書を作成します。いわゆる借用書です。 これを公正証書等にする際に、相手方が払わない場合は、「裁判なしでも強制執行できますよ」という意味でこの文言を加えます。 今回は信託契約なので、
続きを読む >>

信託終了のタイミングについて

Q 委託者「母」、受託者「子」、受益者「母」で、不動産の信託を考えています。 信託終了後は、受託者である「子」に不動産を帰属させると決めていますが、信託終了の原因は、「母の死亡」のみでしょうか。 たとえば、「母の介護施設入所」等にはできないものでしょうか? A:結論としては、可能です。ただし気を付けるべき点が2点ございます。 介護施設入所時に信託終了で子供へ権利が帰属しますと、贈与税・
続きを読む >>

信託財産に帰属する債務の債務控除について

Q:信託財産の債務は相続時の債務控除になりますか? この質問は、不動産会社・保険会社の方、一般のお客様からもよく聞かれます。 A:原則、債務控除の対象になります。 ただし、例外もありますので、 事前に税務署若しくは顧問税理士への相談をおススメします。
続きを読む >>

Q.法人を活用して、流通税節税のスキームは可能でしょうか?

Q2.流通税節税のために、個人(A)で所有する抵当権付き不動産を法人(資産管理会社、B)に実質移転したいと思います。 一般社団法人(C)を設立し、AとCの間で信託契約を締結し、不動産を受益権化してから当該受益権をAからBに譲渡する時、 受益権を購入する原資をBは金融機関から調達できるのでしょうか? A:結論から申し上げますと、資金調達可能です。受益権売買に対し、不動産購入資金と同様に融資を行います
続きを読む >>

Q.生命保険の民事信託スキーム活用は可能でしょうか?

Q.相続税対策のために保険を提案しています。解約返戻金の低い期間に名義を変更することで、生前の相続税対策を行っているのですが、認知症になった場合に名義変更ができなくなることがデメリットです。 保険の名義変更をするには、保険会社の理解が必要かと思いますが、受益権として解約返戻金を移動させることは、現実的に可能でしょうか? A:解約返戻金も債権なので、理論上信託財産にすることは可能です。しかしな
続きを読む >>

Q.受託者を一般にするメリットは何ですか?

Q:インタビュアー 不動産を信託する際に、一般社団法人を建てるケースがありますが、 受託者を受益者の中の一人(例えば長男)にせず、社団法人にするメリット・デメリットはなんですか?   A:代表 島田 よく一般社団法人を活用するパターンは、共有問題解消信託のケースが多いです。社団法人にするメリットは、一本化されるというのはあります。単有不動産を一般社団法人で受託するメリットは、個人の場合、
続きを読む >>

Q:受託者が違反行為をした場合にはどうなるんですか?

A:受託者が違反行為をした場合、受益者は、受託者に対して、信託財産に損失が生じた場合による当該損失のてん補を、信託財産に変更が生じた場合には原状回復を請求することができます。なお、受託者が違反行為をしたことにつき、当該受託者に故意又は過失があることを要することは、債務不履行に基づく一般的な損害賠償の場合と異なりません。
続きを読む >>

Q.受託者が着服をするなどのリスクは想定されませんか?

A:受託者による使い込みリスクは、原則として想定していません。しかしながら、成年後見制度と同様、受託者による使い込みの可能性はあります。 したがって、信託監督人を設置し、受託者の行動を監督すること対策が考えられます。 そもそも信託とは、文字とおり、「信じて託す」です。最初から受託者の使い込みが想定されるようであれば、信託は活用しないことをオススメします。 成年後見と比較すると、成年後見人の任
続きを読む >>

<< 前の記事を見る

家族信託をご検討の方は、お気軽にご相談下さい。

Webからの無料相談はこちら
0120-946-264

こんなお悩み・ご希望はありますか?

  • 成年後見制度を利用したあとも、相続税対策をしたい方
  • 二次相続以降に資産承継に不安や特定の希望がある方
  • 障害をもつ親族や子どもがおり、自身で財産管理ができないため、自分の亡くなった後が心配な方
  • 不動産や株式を保有しており、相続が発生した場合、共有名義になる可能性がある方
  • 前妻や前夫の連れ子がいる、意思能力がない人がいる等、スムーズに遺産分割協議を行えない不安がある方
  • 株式が経営者以外にも分散しているため集約をしたい方
  • 株主が経営者1名のため、認知症になると経営がストップする不安のある方
  • 経営権を引き継ぎたいが、
    贈与や譲渡すると税金
    が心配な方